京都で即日融資可能な消費者金融

お金の借り方
京都は関西の観光地としてよく知られており、四季ごとに見どころがあることから多くの観光客が訪れます。
旅先で手持ちのお金が足りなくなったとき、京都市内には多くの無人機が設置されているので、そんなときはキャッシングでお金を借りるのもひとつの方法と言えます。
多くの消費者金融の中でオススメなのがSMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」で、短期間で利用するつもりならATMからキャッシュカードでお金を引き出すより安い利息でお金が借りられます。
プロミスの金利は年利4,5%〜17,8%といった低金利でお金が借りられます。
たとえば財布のお金が乏しくなったとき、プロミスで5万円借りたとして旅行から帰って3日後に返済したとすると、約80円の金利を支払うだけでよいのでATMの利用手数料より安い利息でお金が借りられます。
またプロミスの提携ATMはインターネットから振込も可能で、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行やみずほ銀行、楽天銀行といった銀行はネットキャッシングが手数料無料で利用できます。
提携コンビニATMではLAWSONやミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートからの返済は手数料無料で何度でも利用できるので、借りたお金以外に費用が掛かりません。
また休日を利用した旅行の場合、ローン契約機は土曜日や日曜日祝日にかかわらず365日営業をおり、申込み時間隊にもよりますが即日融資でお金を借りられるようになります。

関連記事

学生が消費者金融でお金を借りる

バイトをしながら学生生活を続けていると、バイト代が入る前に急にお金が必要になったことが有ると思いますが、そんなときの一時的な借入はキャッシングを利用するのも一つの方法です。

キャッシングが利用できるようになるためには、申込をして審査に通らなければなりませんが、審査は「申込者にお金を貸しても返済能力があるかどうか」を重要視するため、バイト先を短期間で変えていると収入も不安定になり、もしバイトが続けられなくなったときは返済ができなくなるといった不安要素もあることから、審査にとおるのがきびしい言われています。

そのため、これは一般社会人にもいえることですが、学生で申込んで審査にとおりやすくするためには同じバイト先で長く勤めることが重要になります。

消費者金融のキャッシングもバイトをしていれば利用は可能ですが、消費者金融は貸金業法の影響を受けるので、融資限度額は年収の3分の1以下になるため融資限度額はかなり低くなります。

また銀行カードローンには学生向けの商品をそろえているところもあり、親の同意が必要になりますが、バイトをしていない学生でもキャッシングが可能な銀行カードローンもあるので、そちらの検討をするのも一つの方法ですが、学生という立場を考えると、できるだけキャッシングを利用せずにできることなら返済を待ってもらうとか他の方法を考えてみて、どうしてもほかに方法がないといったときの最後の手段として利用することをおすすめします。

関連記事